会期:2017年12月2日(土)~12月3日(日) 会場:福岡大学 七隈キャンパス

English Site

シンポジウム

核理研パルス中性子発生50周年記念セッション

新村信雄(茨城大)
『新しい中性子実験(TOF法)はこうして始まった』

鬼柳善明(名古屋大学)
『パルス中性子源の歴史(仮題)』

大友季哉(高エネルギー加速器研究機構)
『非晶体の中性子研究の発祥(仮題)』

山田和芳(高エネルギー加速器研究機構)、新井正敏(European Spallation Source AB (ESS))
『核理研、KENS,J-PARC,将来を見据えた強相関電子系(磁性)研究(仮題)』

※要旨は近日中に公開します

産業利用シンポジウム(オープンセッション)

準備中