■中性子の特色

中性子には、以下のような特性があります。

・電気的に中性である。

電気的に中性である中性子は電場の影響を受けずに原子の奥まで侵入し原子核で散乱されます。この性質は、X線で計測の難しい水素やリチウムなど軽元素を含む物質の構造決定を容易にします。

・磁気モーメントを持っている。

中性子は磁気モーメントを持つために、物質中の磁化(原子磁石)で散乱されます。これを利用して磁性を示す物質のミクロな磁化の分布や磁区に関しても正確な構造を知ることができます。

・動的観察に適したエネルギーである。

中性子はきわめて小さなエネルギーを持っています。したがって、中性子照射は試料に弱いエネルギー刺激を与えるだけで計測できす。特に低速中性子は 高分子や生体物質中の分子集団の複雑な運動を計測する理想的な方法として利用されています。


このような特性を活かすと、材料・素材、エレクトロニクス、機械、化学、バイオ、創薬などの多くの産業技術の研究開発にとっても有効な研究を行うことが出来ます。