第1回 輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)受賞記念講演会を開催いたします。

https://www.jst.go.jp/diversity/activity/seminar/JA_lecture2020.html


 JSTは、女性研究者の活躍を推進する取り組みの一環として、持続的な社会と未来に貢献する優れた研究等を行っている女性研究者及びその活躍を推進している機関を表彰する制度を創設しました。


このたび、昨年決定した第1回輝く女性研究者賞受賞者による受賞記念講演会をビデオ会議システムを利用したオンラインセミナー形式(Zoomを予定)により開催いたします。


○「ヒトの時間ネズミの時間の分子的な理解を目指して」

 戎家 美紀 氏 - 輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)

 (European Molecular Biology Laboratory Barcelona グループリーダー)


○「光・電子機能性をもつ新奇な有機分子をデザインして創る」

 深澤 愛子 氏 - 輝く女性研究者賞(科学技術振興機構理事長賞)

 (京都大学 高等研究院 物質―細胞統合システム拠点 教授)


開催日時 2020年6月12日(金)15:20−17:00

開催方法 ビデオ会議システムを利用したオンラインセミナー形式による開催


(Zoomを予定)

聴講 無料(通信料は聴講者のご負担となります)


申込みフォームより事前にご登録くださいますようお願いいたします。

(お申込み期限: 2020年6月11日(木)12:00まで)

※お申込みの前に「講演会のお申込みについて」、「必要な環境について」を必ずご一読ください。

https://www.jst.go.jp/diversity/activity/seminar/JA_lecture2020.html

【新型コロナ感染症対策関連情報ウェブページ】

内閣府男女共同参画局では、新型コロナウイルス感染症について、男女共同

参画やDV対策の観点から取組を進めており、関連情報を掲載したウェブ

ページを作成しております。

詳細はこちらをご覧ください。⇒http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/sp_index.html


【DV相談+(プラス)の開始】

また、外出自粛や休業などにより、DVの増加・深刻化が懸念されることから、

4月20日(月)に従来の「DV相談ナビ」に加え、「DV相談+(プラス)」

を開始しています。

○ DV相談+(プラス)の概要

・電話(9時~21時):0120―279―889(つなぐ・はやく)(4/29(水)

から24時間対応)

・メールでの相談:https://form.soudanplus.jp/mail

・SNSでの相談:https://form.soudanplus.jp/ja

  (※メール・SNSは、5/1(金)から10か国語程度対応)

○ DV相談ナビもあります。0570―0―55210(ここにでんわ)

詳細はこちらをご覧ください。

⇒ http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/index.html(男女共同参画局HP)

またはhttps://soudanplus.jp/(DV相談+(プラス)HP)


【特別定額給付金に関する支援(DVで避難されている方向け)】

今回の特別定額給付金(一人10万円)に関して、DVで避難している方

への支援があります。

DVで避難している方は、お住いの市区町村への事前申出により、給付を

受けられます。

申出期間は令和2年4月24日(金)から4月30日(木)までです。

詳細はこちらをご覧ください。

⇒ http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/pdf/20200422_3.pdf

(特別定額給付金に関するお知らせ)

○募集趣旨:

JSTは、世界トップレベルの研究開発を行うネットワーク型研究所として

未来共創イノベーションを先導することをそのミッションとしています。

その目的を達成するための経営戦略の1つとしてダイバーシティを推進し、

女性研究者の活躍を推進する取り組みを行っています。


本取り組みの一環として、持続的な社会と未来に貢献する優れた研究などを

行っている女性研究者およびその活躍を推進している機関を表彰する

輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)の第2回目の募集を行います。


なお、芦田基金(※)より、副賞100万円提供のご協力をいただきます。

※ 芦田基金は、1994年にデザイナーの故 芦田淳 氏が、青少年育成を目的として

公益社団法人科学技術国際交流センター(JISTEC)に寄附し設立された基金です。


若手女性研究者や、女性研究者の活躍推進を行っている機関からのご応募をお待ちしております。


○表彰対象:

▼輝く女性研究者賞(女性研究者)1名

  原則40歳未満(ただしライフイベントなどによる研究活動休止期間を勘案)

  科学技術に関連していれば研究分野は不問

▼輝く女性研究者活躍推進賞(機関)1機関

  女性研究者の活躍推進に貢献する、他機関のモデルとなるような取り組みを行っている機関


【募集期間】令和2年4月1日(水)~6月30日(火)日本時間正午まで

【詳細情報】https://www.jst.go.jp/diversity/about/award/index.html


★本件に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) ダイバーシティ推進室

E-mail:diversity@jst.go.jp

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved