top of page
  • 執筆者の写真JSNS

「第12回科学技術予測調査」(文部科学省科学技術・学術政策研究所)

専門家アンケートへのご協力をお願いします


本調査は、科学技術イノベーション政策や研究開発戦略の立案・策定の議論に資することを目的として、文部科学省科学技術・学術政策研究所が実施している調査です。

科学技術の中長期的発展の方向性を把握するため、1971年からおよそ5年毎に調査が実施されており、今回が12回目となります。


今回の調査では、科学技術全般にかかる7分野と、科学技術の寄与が期待される横断的な社会課題分野の全8分野を対象とし、2055年までの実現が期待されるトピック(科学技術課題や社会課題の解決手法等)、約840件が設定されました。これらトピックの重要度、国際優位性、実現見通し等について専門家の見解を問うウェブアンケートが行われます。


<分野>①健康・医療・生命科学、②農林水産・食品・バイオテクノロジー、③環境・資源・エネルギー、④AI・ICT・アナリティクス・サービス、⑤マテリアル・デバイス・プロセス、⑥都市・建築・土木・交通、⑦宇宙・海洋・地球・科学基盤(量子ビーム/光/数理/素核宇)、⑧横断的社会課題(人文・社会科学含む)


政策検討の場に専門家の皆様の意見を反映させる機会ですので、是非ご協力いただきたく、よろしくお願いいたします。


以下のサイトに調査の説明を記載しておりますのでアクセスしてご覧いただき、よろしければご回答をお願いいたします。なお、本アンケートは、科学技術の専門的知識をお持ちの方を対象としています。周囲の方へも広くお声掛けいただければ幸いです。


【アンケートサイト】 http://www.nistep.go.jp/yosoku12-intro


【アンケート期間】  2024年6月20日(木)~7月31日(水) (1回目)

²  本調査では、結果の収れんを図るため、同内容のアンケートを2回繰り返して行います。2回目アンケートでは、1回目の集計結果を見ながら再度の回答をお願いいたします。

²  2回目アンケートは2024年8~9月に実施を予定しています。2回目の開始日は、登録いただいたメールアドレス宛に後日ご案内します。

²  2回とも回答いただけますよう、よろしくお願いいたします。


科学技術予測調査については、科学技術・学術政策研究所のウェブページをご覧ください。


■    お問合せ:

―調査受託者(事務局)―

公益財団法人未来工学研究所

担当:大竹、野呂、板垣


―調査実施者―

文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測・政策基盤調査研究センター

担当:伊藤、黒木、横尾

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「東レ科学技術賞および東レ科学技術研究助成」の学会推薦について

日本中性子科学会の皆様 「東レ科学技術賞および東レ科学技術研究助成」の募集が開始されました。 「東レ科学技術賞」は、理学・工学・農学・薬学・医学(除・臨床医学)の分野で、学術上の業績が顕著な方、学術上重要な発見をした方、効果が大きい重要な発明をした方、あるいは技術上重要な問題を解決して技術の進歩に大きく貢献した方を表彰するもので、金メダルおよび賞金5百万円が贈呈されます(年2件以内)。「東レ科学技

「第26回サー・マーティン・ウッド賞」の学会推薦について

日本中性子科学会の皆様 「第26回サー・マーティン・ウッド賞」の募集が開始されました。 本賞は、ミレニアム・サイエンス・フォーラムのサポーターであるオックスフォード・インストゥルメンツ社の創業者にちなんで名づけらたもので、日本の研究機関において凝縮系科学分野におけるすぐれた業績を上げた45歳以下の若手研究者に贈られます。 受賞者には、賞状、賞金のほか、英国の大学への講演旅行の機会が与えられます。

「第15回日本学術振興会育志賞」の学会推薦について

日本中性子科学会の皆様 「第15回日本学術振興会育志賞」の募集が開始されました。 本賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学 院博士課程学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の 養成を図ることを目的としています。 また「女性候補者の積極的な推薦」が強調されています。 日本中性子科学会からの学会推薦を希望される方は、指定の推薦書を作成の上、 「日本

Comments


bottom of page