top of page
  • 執筆者の写真JSNS

中性子検出器に関する講義/実習のご案内

北海道大学では、毎年KEKの先生方をお招きして、学部/大学院学生に向け

中性子源施設HUNSを利用する中性子検出器の講義/実習を実施しております。


今年度はCOVID-19の影響により、講義部分をオンラインで実施することに

なったため、全国の皆様にもご参加いただけることになりました。


つきましては、以下の通り実施予定をご案内いたします。

学生に限らず、またこれから中性子測定を始める方でもご参加いただけます

ので、是非お気軽に受講をご検討ください。


なお、実習の方は状況が好転すればHUNSでの実施も選択肢となりますが、

今のところオンライン配信での対応を検討しています。


ひとまず講義への参加をご希望の方は、12月18日までに以下へメールにて

お申し込みください。後程、参加情報をお送りします。


申込・問合せ先:加美山隆 <takashik@eng.hokudai.ac.jp>


<中性子検出器講義>

12月22日(火)

10:30~12:00 放射線計測 (KEK・宇野先生)

13:00~14:30 ワイヤーチェンバーの基礎 (KEK・宇野先生)

14:45~16:15 半導体放射線検出器(SOI) (KEK・三好先生)


12月23日(水)

10:30~12:00 光検出器 (KEK・足立先生)

13:00~14:30 GEM検出器 (KEK・宇野先生)

14:45~16:15 GEM検出器の応用 (KEK・宇野先生)


<中性子検出器実習>

日時未定(2021年3月あたりの適時を検討中)

・ワイヤーチェンバーの製作

・ワイヤーチェンバーのテスト(X線、荷電粒子)

・2次元イメージング体験

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「第26回サー・マーティン・ウッド賞」の学会推薦について

日本中性子科学会の皆様 「第26回サー・マーティン・ウッド賞」の募集が開始されました。 本賞は、ミレニアム・サイエンス・フォーラムのサポーターであるオックスフォード・インストゥルメンツ社の創業者にちなんで名づけらたもので、日本の研究機関において凝縮系科学分野におけるすぐれた業績を上げた45歳以下の若手研究者に贈られます。 受賞者には、賞状、賞金のほか、英国の大学への講演旅行の機会が与えられます。

「第15回日本学術振興会育志賞」の学会推薦について

日本中性子科学会の皆様 「第15回日本学術振興会育志賞」の募集が開始されました。 本賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学 院博士課程学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の 養成を図ることを目的としています。 また「女性候補者の積極的な推薦」が強調されています。 日本中性子科学会からの学会推薦を希望される方は、指定の推薦書を作成の上、 「日本

4月10日 : セミナー開催のお知らせ「小角散乱データに基づく試料パラメータとモデルのベイズ推論」

日本中性子科学会 会員の皆様、 東大物性研の機能物性セミナー・中性子セミナーとして以下の内容のセミナーを開催します。 現地とzoom配信のハイブリッド開催となりますので、是非とも参加をご検討ください。よろしくお願いいたします。 日程 : 2024年4月10日(水) 15:00 - 16:30 場所 : 物性研究所6階大講義室 及び ZOOM(Hybrid) 講師 : 林 悠偉 所属 : 東京大学

Comments


bottom of page