• JSNS

令和3年度加速器科学総合育成事業について

大学共同利用機関法人である本機構は、加速器科学の総合的発展の拠点として研究を推進するため、大型加速器施設を建設・運用し、大学等の研究者の研究を支援(共同利用)するとともに、大学の講義や学生の指導にも協力してきたところです。


近年、基礎科学を取り巻く環境変化(基礎科学の地盤沈下)や大学における科学の多様化(イノベーションシフト)などの厳しい変化が起こっており、基礎科学の一つである加速器科学でも、これらの変化に対処し、その広範かつ持続的な発展を目指す事業の新設が必要となっています。このため、現行の「加速器科学総合支援事業」を発展的に解消(※)し、加速器科学の高度化・多様化及び人材育成を大学等と連携して推進する新たな「加速器科学総合育成事業」を新設、令和3年度から開始いたします。

※従来実施してきた加速器科学総合支援事業(大学等連携支援事業および

加速器科学技術支援事業)の公募はおこないません。


詳細につきましては、下記URLをご参照ください。



○ 応募要項等  https://www2.kek.jp/oi/GrowthProgram.html


○ 提出書類  上記URLよりダウンロードして作成し、学長名等の送り状を添え、大学の事務担当者を経由して事業の提案を行ってください。


○ 締   切  令和3年2月15日(月)必着



問合せ先  

オープンイノベーション推進部

加速器科学総合育成事業担当

E-mail shienjigyo@mail.kek.jp


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

中性子科学将来ビジョン討論会のご案内

日本中性子科学会では、中性子科学将来ビジョン討論会「中性子源共存時代における中性子科学」を日本原子力研究開発機構物質科学研究センターとの共催で開催する運びとなりました。本討論会は、中性子科学に関わる施設と組織による現状及び将来構想の紹介を通し、中性子科学推進のビジョンをコミュニティで共有することを目的とします。多くの会員の皆様に中性子科学の将来に関わる本討論会にご参加頂きますよう、よろしくお願い申

京都大学複合原子力科学研究所 特定助教 公募

【採用予定人員】 1名 【人事公募テーマ】 「もんじゅ」サイトを活用した新たな試験研究炉の中性子線利用計画作成に参画し、さらに、同計画を実現するための中性子源開発や中性子線応用に関する実験的研究の推進。 【応募資格】 博士学位もしくは着任時までに取得見込みであること。 【配属先】 京都大学複合原子力科学研究所 粒子線基礎物性研究部門 中性子応用光学研究分野 【契約期間】 2021年4月1日以降でき

BSフジ「ガリレオX」でJ-PARC/MLFの日本刀研究が紹介されます

番組情報 BSフジ「ガリレオX」 タイトル「中性子とミュオンで透視! 日本刀の謎にせまる先端科学」 放送:12月20日(日)昼11:30~12:00 番組公式サイト:http://web-wac.co.jp/program/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/gx20201213 予告動画:https://www.youtube.com/watch?v=KvzjLmoauxY&

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved