• JSNS

令和3年度加速器科学総合育成事業について

大学共同利用機関法人である本機構は、加速器科学の総合的発展の拠点として研究を推進するため、大型加速器施設を建設・運用し、大学等の研究者の研究を支援(共同利用)するとともに、大学の講義や学生の指導にも協力してきたところです。


近年、基礎科学を取り巻く環境変化(基礎科学の地盤沈下)や大学における科学の多様化(イノベーションシフト)などの厳しい変化が起こっており、基礎科学の一つである加速器科学でも、これらの変化に対処し、その広範かつ持続的な発展を目指す事業の新設が必要となっています。このため、現行の「加速器科学総合支援事業」を発展的に解消(※)し、加速器科学の高度化・多様化及び人材育成を大学等と連携して推進する新たな「加速器科学総合育成事業」を新設、令和3年度から開始いたします。

※従来実施してきた加速器科学総合支援事業(大学等連携支援事業および

加速器科学技術支援事業)の公募はおこないません。


詳細につきましては、下記URLをご参照ください。



○ 応募要項等  https://www2.kek.jp/oi/GrowthProgram.html


○ 提出書類  上記URLよりダウンロードして作成し、学長名等の送り状を添え、大学の事務担当者を経由して事業の提案を行ってください。


○ 締   切  令和3年2月15日(月)必着



問合せ先  

オープンイノベーション推進部

加速器科学総合育成事業担当

E-mail shienjigyo@mail.kek.jp


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第23回(2021年度)サー・マーティン・ウッド賞の学会推薦について

「サー・マーティン・ウッド賞」は日本の研究機関において凝縮系科学(固体物理学、無機・有機固体化学、材料科学、表面物理など)において優れた業績を挙げた45歳以下の若手研究者に贈られます。 日本中性子科学会からの学会推薦を希望される方は、指定の推薦書を作成の上、「日本中性子科学会事務局」まで送付願います。 推薦書は、 http://msforum.jp/ からダウンロード可能です。 詳細は添付ファイル

18th Korea-Japan Meeting on Neutron Science

第18回日韓中性子科学研究会となる"Workshop on Neutron and Muon Methods for J-PARC MLF Users in Korea"を4月30日にオンライにて開催いたします。 「日韓中性子科学研究会」は、2000年につくばで開催された第1回以降、ほぼ毎 年1回のペースで両国間で開催してまいりました。今年の1月に茨城大で開催予定 でしたが、残念ながらコロナウイル

コロナ禍の学生支援

J-PARCでは人材育成を目的として、JAEA、KEK及びCROSSの制度を利用して 学生の皆様を受け入れています。いつでも申込みが可能なものや奨励金が支給さ れるものもあります。詳細は下記のページをご参照ください http://j-parc.jp/c/student/index.html

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved