• JSNS

新型コロナ感染症対策の取組について(内閣府男女共同参画局)

【新型コロナ感染症対策関連情報ウェブページ】

内閣府男女共同参画局では、新型コロナウイルス感染症について、男女共同

参画やDV対策の観点から取組を進めており、関連情報を掲載したウェブ

ページを作成しております。

詳細はこちらをご覧ください。⇒http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/sp_index.html


【DV相談+(プラス)の開始】

また、外出自粛や休業などにより、DVの増加・深刻化が懸念されることから、

4月20日(月)に従来の「DV相談ナビ」に加え、「DV相談+(プラス)」

を開始しています。

○ DV相談+(プラス)の概要

・電話(9時~21時):0120―279―889(つなぐ・はやく)(4/29(水)

から24時間対応)

・メールでの相談:https://form.soudanplus.jp/mail

・SNSでの相談:https://form.soudanplus.jp/ja

  (※メール・SNSは、5/1(金)から10か国語程度対応)

○ DV相談ナビもあります。0570―0―55210(ここにでんわ)

詳細はこちらをご覧ください。

⇒ http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/index.html(男女共同参画局HP)

またはhttps://soudanplus.jp/(DV相談+(プラス)HP)


【特別定額給付金に関する支援(DVで避難されている方向け)】

今回の特別定額給付金(一人10万円)に関して、DVで避難している方

への支援があります。

DVで避難している方は、お住いの市区町村への事前申出により、給付を

受けられます。

申出期間は令和2年4月24日(金)から4月30日(木)までです。

詳細はこちらをご覧ください。

⇒ http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/pdf/20200422_3.pdf

(特別定額給付金に関するお知らせ)

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

中性子検出器に関する講義/実習のご案内

北海道大学では、毎年KEKの先生方をお招きして、学部/大学院学生に向け 中性子源施設HUNSを利用する中性子検出器の講義/実習を実施しております。 今年度はCOVID-19の影響により、講義部分をオンラインで実施することに なったため、全国の皆様にもご参加いただけることになりました。 つきましては、以下の通り実施予定をご案内いたします。 学生に限らず、またこれから中性子測定を始める方でもご参加いた

2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ開催のお知らせ

量子ビームは基礎研究から応用研究、また産業にわたる広い分野において、研 究開発を支える重要なツールとして、欠かせない役割を担っています。KEK 放 射光科学研究施設(PF)と J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)は比較的 近い距離に位置し、放射光・陽電子と中性子・ミュオンのそれぞれの特徴を活か したマルチプローブ利用による新しいサイエンスも広がりを見せています。  2015 年度から始ま

J-PARCセンター長候補者の推薦依頼について/ Request for Nomination for the next Director of J-PARC Center

関係各位 J-PARCセンター長人事委員会 委員長 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構が共同で運営しておりますJ-PARCセンターでは、令和3年4月1日付で任期が始まる次期センター長の公募を開始しました。 つきましては、J-PARCホームページ内、『J-PARCセンター長候補者の推薦依頼について』をご確認の上、適任者のご推薦をお願いします。 UR

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved