• JSNS

第2回 輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)募集のお知らせ

○募集趣旨:

JSTは、世界トップレベルの研究開発を行うネットワーク型研究所として

未来共創イノベーションを先導することをそのミッションとしています。

その目的を達成するための経営戦略の1つとしてダイバーシティを推進し、

女性研究者の活躍を推進する取り組みを行っています。


本取り組みの一環として、持続的な社会と未来に貢献する優れた研究などを

行っている女性研究者およびその活躍を推進している機関を表彰する

輝く女性研究者賞(ジュン アシダ賞)の第2回目の募集を行います。


なお、芦田基金(※)より、副賞100万円提供のご協力をいただきます。

※ 芦田基金は、1994年にデザイナーの故 芦田淳 氏が、青少年育成を目的として

公益社団法人科学技術国際交流センター(JISTEC)に寄附し設立された基金です。


若手女性研究者や、女性研究者の活躍推進を行っている機関からのご応募をお待ちしております。


○表彰対象:

▼輝く女性研究者賞(女性研究者)1名

  原則40歳未満(ただしライフイベントなどによる研究活動休止期間を勘案)

  科学技術に関連していれば研究分野は不問

▼輝く女性研究者活躍推進賞(機関)1機関

  女性研究者の活躍推進に貢献する、他機関のモデルとなるような取り組みを行っている機関


【募集期間】令和2年4月1日(水)~6月30日(火)日本時間正午まで

【詳細情報】https://www.jst.go.jp/diversity/about/award/index.html


★本件に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) ダイバーシティ推進室

E-mail:diversity@jst.go.jp

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

高エネルギー加速器研究機構 令和2年度加速器科学総合支援事業「大学等連携支援事業」

大学等連携支援事業は、大学等が実施する加速器科学(高エネルギー加速器による素粒子・原子核並びに物質の構造及び機能に関する研究、高エネルギー加速器の向上を図るための研究並びにこれらに係る教育)に係る「人材育成」や「教育プログラム」について、高エネルギー加速器研究機構と連携して行うことにより、内容がより充実し、効果的なものになると考えられる事業を支援するものです。 詳細につきましては、下記URLをご参

2020年度KEK中性子共同利用実験(S1型課 題)

2020年度高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所中性子共同利用S1型実験課 題公募 J-PARC/MLFにおいて高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所が保有する中性 子科学実験装置を用いて行うプロジェクト型研究課 題(S1型課題)を、下記のとおり公募いたします。 記 1.公募締切   2019年(令和元年)10月31日(木)17時<必着> 2.公募要項・申請方法   下記のURLより

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved