• JSNS

若手女性研究者のリーダーシップ育成とネット−ワーク構築のためWorkshop

男女共同参画学協会連絡会からのお知らせが参りましたのでご案内いたします。


【若手女性研究者のリーダーシップ育成とネット−ワーク構築のためWorkshop】

日 時: 2020年10月16日(金)

場 所: Web会議(Zoom) 

Workshop 1: 8:00 ~ 9:30

交流会 9:30 ~ 11:00

  Barriers for women in STEM and leading change

Workshop 2: 10:00 ~ 11:30  交流会 11:30 ~ 13:00

  Leading teams for innovative performance

Workshop 3: 12:00 ~ 13:30  交流会 13:30 ~ 15:00

  Practicing persuasion and influence

参加費:無料

参加可能人数: 正式加盟学協会 1名

申込締切: 9月19日(土)23時

Workshopは同時通訳付きで,講師はDr. Lily Cushenberry (Stony Brook University'sCollege of Business)です。

交流会は,Workshop終了後,別のZoomに接続し,参加者(日本人)のみで行います。

2021年4月に,フォローアップセミナーを行う予定です。(日時と場所は未定)

================================================

☆リーダーシップ育成および他の学協会の女性研究者とのネット-ワーク構築に興味をお持ちの若手女性研究者を,正式加盟学協会から各1名ご推薦ください。

☆上記のWorkshopのいずれか1つにご参加いただきます。

☆下記のお申込フォームの中で,第一希望と第二希望のWorkshopをご入力いただきますが,各Workshopの定員は20名ですので,ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

☆4月のフォローアップセミナーでは,別のWorkshopの参加者との交流もできます。

☆Workshopのテキストは,後ほど公開いたしますので,どなたでもご覧いただけます。

☆10月16日のWorkshopだけでなく,17日の分科会とシンポジウムにもご参加いただける方にしてください。(各学協会からの参加者10名には含めなくて結構です。)

☆ Workshopに関する各種お問い合わせは下記アドレスにお願いします。

   symposium18@djrenrakukai.org

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

中性子科学将来ビジョン討論会のご案内

日本中性子科学会では、中性子科学将来ビジョン討論会「中性子源共存時代における中性子科学」を日本原子力研究開発機構物質科学研究センターとの共催で開催する運びとなりました。本討論会は、中性子科学に関わる施設と組織による現状及び将来構想の紹介を通し、中性子科学推進のビジョンをコミュニティで共有することを目的とします。多くの会員の皆様に中性子科学の将来に関わる本討論会にご参加頂きますよう、よろしくお願い申

京都大学複合原子力科学研究所 特定助教 公募

【採用予定人員】 1名 【人事公募テーマ】 「もんじゅ」サイトを活用した新たな試験研究炉の中性子線利用計画作成に参画し、さらに、同計画を実現するための中性子源開発や中性子線応用に関する実験的研究の推進。 【応募資格】 博士学位もしくは着任時までに取得見込みであること。 【配属先】 京都大学複合原子力科学研究所 粒子線基礎物性研究部門 中性子応用光学研究分野 【契約期間】 2021年4月1日以降でき

令和3年度加速器科学総合育成事業について

大学共同利用機関法人である本機構は、加速器科学の総合的発展の拠点として研究を推進するため、大型加速器施設を建設・運用し、大学等の研究者の研究を支援(共同利用)するとともに、大学の講義や学生の指導にも協力してきたところです。 近年、基礎科学を取り巻く環境変化(基礎科学の地盤沈下)や大学における科学の多様化(イノベーションシフト)などの厳しい変化が起こっており、基礎科学の一つである加速器科学でも、これ

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved