• JSNS

若手女性研究者のリーダーシップ育成とネット−ワーク構築のためWorkshop

男女共同参画学協会連絡会からのお知らせが参りましたのでご案内いたします。


【若手女性研究者のリーダーシップ育成とネット−ワーク構築のためWorkshop】

日 時: 2020年10月16日(金)

場 所: Web会議(Zoom) 

Workshop 1: 8:00 ~ 9:30

交流会 9:30 ~ 11:00

  Barriers for women in STEM and leading change

Workshop 2: 10:00 ~ 11:30  交流会 11:30 ~ 13:00

  Leading teams for innovative performance

Workshop 3: 12:00 ~ 13:30  交流会 13:30 ~ 15:00

  Practicing persuasion and influence

参加費:無料

参加可能人数: 正式加盟学協会 1名

申込締切: 9月19日(土)23時

Workshopは同時通訳付きで,講師はDr. Lily Cushenberry (Stony Brook University'sCollege of Business)です。

交流会は,Workshop終了後,別のZoomに接続し,参加者(日本人)のみで行います。

2021年4月に,フォローアップセミナーを行う予定です。(日時と場所は未定)

================================================

☆リーダーシップ育成および他の学協会の女性研究者とのネット-ワーク構築に興味をお持ちの若手女性研究者を,正式加盟学協会から各1名ご推薦ください。

☆上記のWorkshopのいずれか1つにご参加いただきます。

☆下記のお申込フォームの中で,第一希望と第二希望のWorkshopをご入力いただきますが,各Workshopの定員は20名ですので,ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

☆4月のフォローアップセミナーでは,別のWorkshopの参加者との交流もできます。

☆Workshopのテキストは,後ほど公開いたしますので,どなたでもご覧いただけます。

☆10月16日のWorkshopだけでなく,17日の分科会とシンポジウムにもご参加いただける方にしてください。(各学協会からの参加者10名には含めなくて結構です。)

☆ Workshopに関する各種お問い合わせは下記アドレスにお願いします。

   symposium18@djrenrakukai.org

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

中性子検出器に関する講義/実習のご案内

北海道大学では、毎年KEKの先生方をお招きして、学部/大学院学生に向け 中性子源施設HUNSを利用する中性子検出器の講義/実習を実施しております。 今年度はCOVID-19の影響により、講義部分をオンラインで実施することに なったため、全国の皆様にもご参加いただけることになりました。 つきましては、以下の通り実施予定をご案内いたします。 学生に限らず、またこれから中性子測定を始める方でもご参加いた

2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ開催のお知らせ

量子ビームは基礎研究から応用研究、また産業にわたる広い分野において、研 究開発を支える重要なツールとして、欠かせない役割を担っています。KEK 放 射光科学研究施設(PF)と J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)は比較的 近い距離に位置し、放射光・陽電子と中性子・ミュオンのそれぞれの特徴を活か したマルチプローブ利用による新しいサイエンスも広がりを見せています。  2015 年度から始ま

J-PARCセンター長候補者の推薦依頼について/ Request for Nomination for the next Director of J-PARC Center

関係各位 J-PARCセンター長人事委員会 委員長 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構が共同で運営しておりますJ-PARCセンターでは、令和3年4月1日付で任期が始まる次期センター長の公募を開始しました。 つきましては、J-PARCホームページ内、『J-PARCセンター長候補者の推薦依頼について』をご確認の上、適任者のご推薦をお願いします。 UR

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved