• JSNS

2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ開催のお知らせ

 量子ビームは基礎研究から応用研究、また産業にわたる広い分野において、研 究開発を支える重要なツールとして、欠かせない役割を担っています。KEK 放 射光科学研究施設(PF)と J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)は比較的 近い距離に位置し、放射光・陽電子と中性子・ミュオンのそれぞれの特徴を活か したマルチプローブ利用による新しいサイエンスも広がりを見せています。  2015 年度から始まった量子ビームサイエンスフェスタは、施設スタッフとユ ーザーとの情報交換の場であるだけでなく、異なるプローブを用いる研究者間 の交流を通して、将来の量子ビーム利用研究のあり方を考える場となることを 目指して開催されてきました。今年度のフェスタはオンラインでの開催となり ますが、3 日間の開催で PF および MLF 両施設のシンポジウムに参加できる構 成となっています。また、ユーザーグループ等の会合の場もフェスタ前後の期間 に(オンラインで)提供します。最先端の研究発表や参加者同士の交流を通じて 研究の幅を広げるとともに、将来の量子ビームサイエンスについて活発に議論 いただきたいと考えております。  多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ 実行委員長 松垣直宏

実行副委員長 川崎卓郎


名称:2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ 日時:2021 年 3 月 9 日(火)、10 日(水)、11 日(木) 会場:オンライン開催 (Zoom のウェビナー、ミーティング、ブレイクアウトルームを使用予定)

主催:高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所

J-PARC センター

総合科学研究機構(CROSS)

PF ユーザーアソシエイション(PF-UA)

J-PARC MLF 利用者懇談会 後援(予定):茨城県、東海村、つくば市 協賛(予定):日本物理学会、日本放射光学会、日本中性子科学会、日本中間子科学会、日本結晶学会、日本高圧力学会、日本表面科学会、日本陽電 子科学会、中性子産業利用推進協議会、日本化学会、日本加速器学会、 高分子学会、日本金属学会、日本機械学会、日本鉄鋼協会、日本原子力 学会、応用物理学会、日本地球惑星科学連合、日本材料学会、日本放射 化学会、日本磁気学会 他 参加費:無料

参加のみ及びポスター発表の申込方法: サイエンスフェスタ Web ページの参加申し込みサイト(12 月下旬開設予 定)よりお申し込みください。 (開催案内ページ:http://qbs-festa.kek.jp/2020/1stcircular.html) 問い合わせ先:量子ビームサイエンスフェスタ事務局 (qbsf2020-office@ml.post.kek.jp)

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第10回SPring-8 データ科学研究会/第63回SPring-8 先端利用技術ワークショップ「計測インフォマティクスの進展と外部計算資源を用いる計測データ処理」

日時:2021年8月31日(火) 13:20-17:00 開催形式:オンライン開催 趣旨:放射光利用計測現場におけるデータ科学の手法を用いた解析事例や適用が期待できる 計測インフォマティクスの先端技術を紹介するとともに、スーパーコンピュータ富岳 等の外部計算資源を活用した計測データ処理に関して理解を深める。

第72回コロイドおよび界面化学討論会

日時:2021年9月15日(水) ~ 17日(金)、21日(火) (※国際シンポジウムのみ21日(火)開催) 会場:オンライン開催 口頭発表申込および要旨原稿締切:6 月11日(金) ポスター発表申込および要旨原稿締切:6 月30日(水) 参加登録(事前受付):8 月2日(月) ホームページ: https://confit.atlas.jp/guide/event/colloid2021/top

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved