• JSNS

2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ開催のお知らせ

 量子ビームは基礎研究から応用研究、また産業にわたる広い分野において、研 究開発を支える重要なツールとして、欠かせない役割を担っています。KEK 放 射光科学研究施設(PF)と J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)は比較的 近い距離に位置し、放射光・陽電子と中性子・ミュオンのそれぞれの特徴を活か したマルチプローブ利用による新しいサイエンスも広がりを見せています。  2015 年度から始まった量子ビームサイエンスフェスタは、施設スタッフとユ ーザーとの情報交換の場であるだけでなく、異なるプローブを用いる研究者間 の交流を通して、将来の量子ビーム利用研究のあり方を考える場となることを 目指して開催されてきました。今年度のフェスタはオンラインでの開催となり ますが、3 日間の開催で PF および MLF 両施設のシンポジウムに参加できる構 成となっています。また、ユーザーグループ等の会合の場もフェスタ前後の期間 に(オンラインで)提供します。最先端の研究発表や参加者同士の交流を通じて 研究の幅を広げるとともに、将来の量子ビームサイエンスについて活発に議論 いただきたいと考えております。  多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ 実行委員長 松垣直宏

実行副委員長 川崎卓郎


名称:2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ 日時:2021 年 3 月 9 日(火)、10 日(水)、11 日(木) 会場:オンライン開催 (Zoom のウェビナー、ミーティング、ブレイクアウトルームを使用予定)

主催:高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所

J-PARC センター

総合科学研究機構(CROSS)

PF ユーザーアソシエイション(PF-UA)

J-PARC MLF 利用者懇談会 後援(予定):茨城県、東海村、つくば市 協賛(予定):日本物理学会、日本放射光学会、日本中性子科学会、日本中間子科学会、日本結晶学会、日本高圧力学会、日本表面科学会、日本陽電 子科学会、中性子産業利用推進協議会、日本化学会、日本加速器学会、 高分子学会、日本金属学会、日本機械学会、日本鉄鋼協会、日本原子力 学会、応用物理学会、日本地球惑星科学連合、日本材料学会、日本放射 化学会、日本磁気学会 他 参加費:無料

参加のみ及びポスター発表の申込方法: サイエンスフェスタ Web ページの参加申し込みサイト(12 月下旬開設予 定)よりお申し込みください。 (開催案内ページ:http://qbs-festa.kek.jp/2020/1stcircular.html) 問い合わせ先:量子ビームサイエンスフェスタ事務局 (qbsf2020-office@ml.post.kek.jp)

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中性子実験技術の初心者の方を対象に中性子実験技術の基礎的事項を紹介し、中性子実験施設(J-PARC MLF、 JRR-3等)での実験計画立案や課題申請に役立てていただくことを目的として、中性子実験技術基礎講習会(レベル1講習会)を開催します。本年度もZoomによるリモートでの開催となります。皆様のご参加をお待ちしております。 なお、今回は講習会終了後、復習を行うことができるよう、当日の講師の先生方

QSTでは、完成が間近に迫る次世代放射光施設「NanoTerasu」を国内外に向けて広くアピールするとともに、イノベーション創出に向けた利用研究について広く意見・情報交換を行うことで、多様な研究分野におけるユーザーの開拓・拡幅と革新的成果の早期創出に繋げることを目的に、下記の通り第6回QST国際シンポジウムを開催いたします。 1.名称 第6回QST国際シンポジウム「NanoTerasuが拓く科学技

J-PARCにおいて高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所が保有する 中性子科学実験装置を用いて行うプロジェクト型研究課題(S1型課題)を、 下記のとおり公募いたします。 記 1.公募締切 2022年(令和4年)11月11日(金)17時<必着> 2.公募要項・申請方法 下記のURLより公募要項をご確認ください。 http://www2.kek.jp/uskek/apply/kens.html