• JSNS

MPGD & Active媒質TPC研究会2021のご案内

第18回MPGD研究会と、第5回アクティブ媒質TPC座談会の合同研究会を開催いたします。


MPGD (Micro-Pattern Gas Detectors) は、素粒子・原子核実験・宇宙観測など

科学分野に広く用いられてきましたが、近年はX線や中性子を利用した

非破壊検査や医療分野など、産業面での応用研究も活発に行われるように

なってきました。一方で、暗黒物質探索、ニュートリノ物理研究、医療用PET、

宇宙観測などを目的とし、標的・ソース・コンバージョン機能を果たす

アクティブ媒質を用いたTPCの開発研究が盛り上がっています。国内でも、

陰イオンガス、高圧ガス、液体(Xe,He,Ar)と多様な研究が行われています。


これらの検出器には、要素技術で共通な部分が多く見られますので、

合同研究会を企画することで、研究者間の交流や新たなアイデア創出を

促すことを目指します。専門家だけでなく、これからMPGDや

アクティブ媒質TPCを利用しようとする初心者も大歓迎です。

興味を持たれる多くの方にご参加いただき、活発な議論を行いたいと

考えております。これから導入を考えておられる初心者の方も大歓迎ですので、

奮ってご参加下さい。


日時:22021年12月17日(金)~18日(土)

開催場所:岡山大学理学部1号館大会議室(オンラインでの参加についても検討中です。)

申込:講演希望の方は、12月3日(金)までに下記ホームページののregistrationフォームよりお申し込み下さい。参加のみの方は直前まで受け付けます。

ホームページ:https://conference-indico.kek.jp/event/154/

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中性子実験技術の初心者の方を対象に中性子実験技術の基礎的事項を紹介し、中性子実験施設(J-PARC MLF、 JRR-3等)での実験計画立案や課題申請に役立てていただくことを目的として、中性子実験技術基礎講習会(レベル1講習会)を開催します。本年度もZoomによるリモートでの開催となります。皆様のご参加をお待ちしております。 なお、今回は講習会終了後、復習を行うことができるよう、当日の講師の先生方

QSTでは、完成が間近に迫る次世代放射光施設「NanoTerasu」を国内外に向けて広くアピールするとともに、イノベーション創出に向けた利用研究について広く意見・情報交換を行うことで、多様な研究分野におけるユーザーの開拓・拡幅と革新的成果の早期創出に繋げることを目的に、下記の通り第6回QST国際シンポジウムを開催いたします。 1.名称 第6回QST国際シンポジウム「NanoTerasuが拓く科学技

J-PARCでは、今年も施設公開をオンラインで開催します。 実験施設からの実況中継や研究者等によるサイエンストークを お楽しみください!! J-PARCオンライン施設公開2022 ーオンラインでしか入れない!? J-PARCの最深部大公開! ー 【日時】2022年8月27日(土)10:00~15:00 (YouTube、ニコニコ生放送にてライブ配信)※参加費無料、事前申し込み不要 https:/