© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved

​中性子線の特徴

中性子実験には、以下のような特徴があります。

  • 軽元素にも敏感なため、水素やリチウムの観測に適している。

  • 透過力が高いため、X線や可視光が届かないような物質内部まで観測する事ができる。

  • 中性子自体が磁石として振る舞うため、磁気的な性質が評価できる。

  • 原子や分子の動きに応じて速度変化するため、それを基に原子や分子の運動状態を調べることができる。

このような特性を活かすと、材料・素材、エレクトロニクス、機械、化学、バイオ、創薬などの多くの産業技術の研究開発にとっても有効な研究を行うことが出来ます。

実用例などの紹介は一般向けの読み物「N氏の新たなる冒険」のページをご参照下さい。

↓クリックすると拡大できます。