日時:2022年1月11日

場所:オンライン開催(zoom)

受付:12:00~12:45


第11回プログラム
.pdf
Download PDF • 637KB


北海道大学では、毎年KEKの先生方をお招きして、学部/大学院学生に向け中性子源施設HUNSを利用する中性子検出器の講義/実習を実施しております。今年度もCOVID-19の影響により、昨年同様講義部分をオンラインで実施することになったため、全国の皆様にもご参加いただけることになりました。つきましては、以下の通り実施予定をご案内いたします。学生に限らず、またこれから中性子測定を始める方でもご参加いただけますので、是非お気軽に受講をご検討ください。再度ご参加の方も歓迎します。

なお、実習の方は状況によりHUNSで実施を考えておりますが、詳細については後日参加者へご連絡します。ひとまず講義への参加をご希望の方は、12月17日までに以下へメールにてお申し込みください。後程、参加情報をお送りします。


申込・問合せ先:加美山隆 <takashik@eng.hokudai.ac.jp>


<中性子検出器講義>

12月22日(水)

10:30~12:00 放射線計測 (KEK・宇野先生)

13:00~14:30 ワイヤーチェンバーの基礎 (KEK・宇野先生)

14:45~16:15 半導体放射線検出器(SOI) (KEK・三好先生)


12月23日(木)

10:30~12:00 光検出器 (KEK・足立先生)

13:00~14:30 GEM検出器 (KEK・宇野先生)

14:45~16:15 GEM検出器の応用 (KEK・宇野先生)


<中性子検出器実習>

日時未定(2021年3月あたりの適時を検討中)

・ワイヤーチェンバーの製作

・ワイヤーチェンバーのテスト(X線、荷電粒子)

・2次元イメージング体験

日時:2022年2月28日-3月1日

会場:国立研究開発法人理化学研究所 和光事業所 本部棟2階大会議室(完全オンライン開催に変更の可能性あり)

webサイト:https://rap.riken.jp/events/the-9th-rap-symposium/