北海道大学では、毎年KEKの先生方をお招きして、学部/大学院学生に向け

中性子源施設HUNSを利用する中性子検出器の講義/実習を実施しております。


今年度はCOVID-19の影響により、講義部分をオンラインで実施することに

なったため、全国の皆様にもご参加いただけることになりました。


つきましては、以下の通り実施予定をご案内いたします。

学生に限らず、またこれから中性子測定を始める方でもご参加いただけます

ので、是非お気軽に受講をご検討ください。


なお、実習の方は状況が好転すればHUNSでの実施も選択肢となりますが、

今のところオンライン配信での対応を検討しています。


ひとまず講義への参加をご希望の方は、12月18日までに以下へメールにて

お申し込みください。後程、参加情報をお送りします。


申込・問合せ先:加美山隆 <takashik@eng.hokudai.ac.jp>


<中性子検出器講義>

12月22日(火)

10:30~12:00 放射線計測 (KEK・宇野先生)

13:00~14:30 ワイヤーチェンバーの基礎 (KEK・宇野先生)

14:45~16:15 半導体放射線検出器(SOI) (KEK・三好先生)


12月23日(水)

10:30~12:00 光検出器 (KEK・足立先生)

13:00~14:30 GEM検出器 (KEK・宇野先生)

14:45~16:15 GEM検出器の応用 (KEK・宇野先生)


<中性子検出器実習>

日時未定(2021年3月あたりの適時を検討中)

・ワイヤーチェンバーの製作

・ワイヤーチェンバーのテスト(X線、荷電粒子)

・2次元イメージング体験

 量子ビームは基礎研究から応用研究、また産業にわたる広い分野において、研 究開発を支える重要なツールとして、欠かせない役割を担っています。KEK 放 射光科学研究施設(PF)と J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)は比較的 近い距離に位置し、放射光・陽電子と中性子・ミュオンのそれぞれの特徴を活か したマルチプローブ利用による新しいサイエンスも広がりを見せています。  2015 年度から始まった量子ビームサイエンスフェスタは、施設スタッフとユ ーザーとの情報交換の場であるだけでなく、異なるプローブを用いる研究者間 の交流を通して、将来の量子ビーム利用研究のあり方を考える場となることを 目指して開催されてきました。今年度のフェスタはオンラインでの開催となり ますが、3 日間の開催で PF および MLF 両施設のシンポジウムに参加できる構 成となっています。また、ユーザーグループ等の会合の場もフェスタ前後の期間 に(オンラインで)提供します。最先端の研究発表や参加者同士の交流を通じて 研究の幅を広げるとともに、将来の量子ビームサイエンスについて活発に議論 いただきたいと考えております。  多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ 実行委員長 松垣直宏

実行副委員長 川崎卓郎


名称:2020 年度量子ビームサイエンスフェスタ 日時:2021 年 3 月 9 日(火)、10 日(水)、11 日(木) 会場:オンライン開催 (Zoom のウェビナー、ミーティング、ブレイクアウトルームを使用予定)

主催:高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所

J-PARC センター

総合科学研究機構(CROSS)

PF ユーザーアソシエイション(PF-UA)

J-PARC MLF 利用者懇談会 後援(予定):茨城県、東海村、つくば市 協賛(予定):日本物理学会、日本放射光学会、日本中性子科学会、日本中間子科学会、日本結晶学会、日本高圧力学会、日本表面科学会、日本陽電 子科学会、中性子産業利用推進協議会、日本化学会、日本加速器学会、 高分子学会、日本金属学会、日本機械学会、日本鉄鋼協会、日本原子力 学会、応用物理学会、日本地球惑星科学連合、日本材料学会、日本放射 化学会、日本磁気学会 他 参加費:無料

参加のみ及びポスター発表の申込方法: サイエンスフェスタ Web ページの参加申し込みサイト(12 月下旬開設予 定)よりお申し込みください。 (開催案内ページ:http://qbs-festa.kek.jp/2020/1stcircular.html) 問い合わせ先:量子ビームサイエンスフェスタ事務局 (qbsf2020-office@ml.post.kek.jp)

関係各位

                J-PARCセンター長人事委員会 

                           委員長


国立研究開発法人日本原子力研究開発機構と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構が共同で運営しておりますJ-PARCセンターでは、令和3年4月1日付で任期が始まる次期センター長の公募を開始しました。


つきましては、J-PARCホームページ内、『J-PARCセンター長候補者の推薦依頼について』をご確認の上、適任者のご推薦をお願いします。


URL:https://j-parc.jp/c/information/2020/10/09000597.html


推薦締切:令和2年12月7日(月)(必着)

© The Japanese Society for Neutron Science All Right Reserved