街.JPG

オンライン・オープンセッションに参加をご希望の方は、

登録をお願いいたします。参加費は無料です。

年会の参加登録を頂いた方は、改めての登録は不要です。

中性子・中間子合同

サイエンスセッション

 日本中性子科学会と日本中間子科学会のコラボレーションによる初めて試みとして、どなたでも聴講頂ける合同サイエンスセッションを開催いたします。
 将来の量子ビーム連携の発展の第一歩となることを願った企画で、テーマは「中性子、ミュオンで見るエネルギー材料」です。将来のサステイナブル社会を構築する上で、エネルギー材料の開発に対する量子ビームの重要性は益々高まっております。今回、各分野の先生方に最先端の研究成果についてご講演いただき、量子ビームによる研究をさらに盛り上げていければと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

2020/11/10 (火)​

13:00-13:20 司会:藤田 全基 東北大学
 来賓挨拶

 河原 卓  文部科学省           

 会長挨拶           

 加倉井 和久 日本中性子科学会会長
 小池 洋二  日本中間子科学会会長

13:20-14:15 司会:門野 良典 高エネルギー加速器研究機構
 ・Role of Organic Molecules in Organic-Inorganic Solar Cell Perovskites    

       Seung-Hun Lee U. Virginia
 ・μSR法でみる有機無機ハイブリッドペロブスカイト
太陽電池MAPbI3の

  カチオン分子の動的挙動  

    幸田 章宏 高エネルギー加速器研究機構

14:15-15:20 司会:川北 至信 日本原子力研究開発機構
 ・中性子で見る水素貯蔵物質   佐藤 豊人 東北大学
 ・ミュオンでシミュレートした二酸化マンガン中の水素 

  岡部 博孝 高エネルギー加速器研究機構


15:20-16:10 司会:鈴木 淳市 総合科学研究機構
 ・中性子で見る蓄電池材料   森 一広 京都大学
 ・ミュオンで見るリチウムイオン電池   梅垣 いづみ 豊田中央研究所

16:10-16:30 司会:足立 匡 上智大学
 ・量子ビーム学会連携の門出
ー量子ビーム科学連絡部会の発足ー 

  本田 孝志 高エネルギー加速器研究機構


 まとめと展望   

      杉山 純 総合科学研究機構

主催:日本中性子科学会、日本中間子科学会  

共催:東北大学金属材料研究所、東北大学多元物質科学研究所

後援:日本原子力研究開発機構、総合科学研究機構中性子科学センター、

   J-PARCセンター物質・生命科学実験施設、
   高エネルギー加速器研究機構物質構造材料科学研究所中性子施設、

   東京大学物性研究所、京都大学複合原子力科学研究所


協賛:中性子産業利用推進協議会、日本加速器学会、日本物理学会、

   日本鉄鋼協会、精密工学会、日本放射光学会

JRR-3運転再開シンポジウム

 JRR-3は、震災以来10年にわたり運転を休止しておりましたが、関係者の多大なる努力により来年2月に待望の運転再開を迎えます。この運転再開により、定常中性子源 JRR-3 とパルス中性子源 J-PARC MLFという2つの大型中性子源がわずか1km程度の距離に存在するという世界屈指の中性子ビーム利用体制が初めて整うことになります。また、本年11月には、運転再開に合わせて中性子ビーム利用課題の公募も開始します。本シンポジウムでは、日本中性子科学会第20回年会の場をお借りしてJRR-3への期待を学術界や産業界から寄せていただき、利用再開への気運を盛り上げたいと考えています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 2020/11/11 (水)

   趣旨説明
  9:00 〜 9:05 武田 全康 原子力機構 物質科学研究センター長

 
  来賓挨拶と祝辞
  9:05 〜  9:15   堀内 義規 文部科学省 大臣官房審議官 
  9:15 〜  9:20   AONSA President China Institute of Atomic Energy
 
 JRR-3の概要と現状
 9:20 〜 9:40 

  村山 洋二 原子力機構 原子力科学研究所 研究炉加速器技術部長
 
 特別講演 
 9:40 〜 10:10

 ・JRR-3の役割と期待 学術界から

       川村 光  豊田理化学研究所 

 休憩 10:10 〜 10:25

 JRR-3とMLFの協奏時代に向けて
 10:25 〜 10:55

 ・産業利用におけるJRR-3への期待
    日比 政昭 中性子産業利用推進協議会 研究開発委員会委員長
 10:55 〜 11:25      

 ・JRR-3とJ-PARC MLF中性子利用研究の協奏を目指して 

  加倉井 和久 日本中性子科学会会長

 11:25 〜 11:55

 ・MLFから見たJRR-3への期待
  大友 季哉 J-PARCセンター 物質・生命科学ディビジョン長

 閉会の挨拶
 11:55 〜 12:00 

  三浦 幸俊 原子力機構 理事

主催:日本中性子科学会


共催:日本原子力研究開発機構 、東北大学金属材料研究所、

   東北大学多元物質研究所

後援:日本原子力研究開発機構、総合科学研究機構中性子科学センター、
   J-PARCセンター物質・生命科学実験施設、
   高エネルギー加速器研究機構物質構造材料科学研究所中性子施設、
   東京大学物性研究所、京都大学複合原子力科学研究所

協賛:中性子産業利用推進協議会、日本加速器学会、日本物理学会、

   日本鉄鋼協会、精密工学会、日本放射光学会