• JSNS

【物性研短期研究会】中性子散乱研究会 のご案内

「中性子散乱研究会 - 海外実験支援プログラムの成果報告と、再稼働したJRR-3の現在地 -」

日時:4月18日(月)〜20日(水)

開催方法:zoomによる完全オンライン開催


プログラム: https://sites.google.com/g.ecc.u-tokyo.ac.jp/issp-workshop2022-nsl

参加登録フォーム:https://forms.gle/i9PzschzsmYBWV3a6


研究会の目的は大きく2つあり、

(1) JRR-3再稼働後初年度の共同利用を終て、現在の中性子装置の性能と得られた成果をユーザーコミュニティーと共有する。

(2) 東日本大震災後から開始され, 2020年度に終了した海外旅費支援事業の成果報告(特に2015年度以降)

となっております。


前者については、JRR-3大学装置の各責任者の皆様と、実際に装置を使用された一般ユーザーの皆様から講演して頂く予定です。

後者については海外旅費支援事業で国外の中性子施設で実験された研究者の皆様から講演いただき、海外実験で得られた成果と経験を 共有する場にできればと思っております。

皆様奮ってご参加ください。よろしくお願い致します。


東京大学物性研究所

中性子科学研究施設

山室修、益田隆嗣、中島多朗、眞弓皓一

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中性子実験技術の初心者の方を対象に中性子実験技術の基礎的事項を紹介し、中性子実験施設(J-PARC MLF、 JRR-3等)での実験計画立案や課題申請に役立てていただくことを目的として、中性子実験技術基礎講習会(レベル1講習会)を開催します。本年度もZoomによるリモートでの開催となります。皆様のご参加をお待ちしております。 なお、今回は講習会終了後、復習を行うことができるよう、当日の講師の先生方

QSTでは、完成が間近に迫る次世代放射光施設「NanoTerasu」を国内外に向けて広くアピールするとともに、イノベーション創出に向けた利用研究について広く意見・情報交換を行うことで、多様な研究分野におけるユーザーの開拓・拡幅と革新的成果の早期創出に繋げることを目的に、下記の通り第6回QST国際シンポジウムを開催いたします。 1.名称 第6回QST国際シンポジウム「NanoTerasuが拓く科学技

J-PARCでは、今年も施設公開をオンラインで開催します。 実験施設からの実況中継や研究者等によるサイエンストークを お楽しみください!! J-PARCオンライン施設公開2022 ーオンラインでしか入れない!? J-PARCの最深部大公開! ー 【日時】2022年8月27日(土)10:00~15:00 (YouTube、ニコニコ生放送にてライブ配信)※参加費無料、事前申し込み不要 https:/