• JSNS

18th Korea-Japan Meeting on Neutron Science

最終更新: 4月15日

第18回日韓中性子科学研究会となる"Workshop on Neutron and Muon Methods for J-PARC MLF Users in Korea"を4月30日にオンライにて開催いたします。

「日韓中性子科学研究会」は、2000年につくばで開催された第1回以降、ほぼ毎

年1回のペースで両国間で開催してまいりました。今年の1月に茨城大で開催予定

でしたが、残念ながらコロナウイルス感染拡大により中止になりました。その

後、日本中性子科学会とKNBUA(The Korean Neutron Beam Users Association)間

で協議した結果、今回のようなタイトルでオンラインでの開催となりました。こ

れまで行われてきた研究会とはスタイルが変わりますが、日韓中性子科学研究会

の趣旨の元、現状でできる限りの形で日韓の中性子科学研究者間の交流の場を持

つことを目指しています。ぜひとも多くの方々にご参加頂きたく、ここにご案内

申し上げます。


日時:2021年4月30日10時~

会場:ZOOM

参加費:無料

参加登録:要 (以下ホームページの"Registration"からご登録をお願いします。)

ホームページ:

https://conference-indico.kek.jp/event/138/


   実行委員会委員長:瀬戸秀紀(日本中性子科学会評議員・KEK)

       副委員長:丸山龍治(日本中性子科学会行事幹事・JAEA)

            中島健次(日本中性子科学会評議員・JAEA)

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第9回対称性・群論トレーニングコース

日時:2021年9月13-17日 会場:高エネルギー加速器研究機構 つくばキャンパス 4号館セミナーホール 参加申込:2021年7月5日(月) 10時 ~ 2021年7月30日(金) 15時 ※応募多数の場合は締切前に募集を終了することもあります。 定員:約20名 URL:https://pfwww.kek.jp/trainingcourse/9th/index.html

第10回SPring-8 データ科学研究会/第63回SPring-8 先端利用技術ワークショップ「計測インフォマティクスの進展と外部計算資源を用いる計測データ処理」

日時:2021年8月31日(火) 13:20-17:00 開催形式:オンライン開催 趣旨:放射光利用計測現場におけるデータ科学の手法を用いた解析事例や適用が期待できる 計測インフォマティクスの先端技術を紹介するとともに、スーパーコンピュータ富岳 等の外部計算資源を活用した計測データ処理に関して理解を深める。